スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
十和田市の歴史探訪。。その一
- 2008/09/11(Thu) -
新渡戸記念館敷地内
a-n1_20080911143241.jpg

ほんのり紅葉しています。敷地内 有志の方により綺麗に整備されお花もいろいろ咲いてます。
日曜日十和田市入りしたのは、十和田市の施設見学。覚書の意味で時に説明調です。
三本木開拓の祖 新渡戸傳氏と子孫の方々の記念館。
a-n2_20080911143717.jpg人工稲生川造られた 新渡戸傳翁さんと息子十次郎氏と稲造氏銅像
が出迎えます。
記念館横に見える星に月の家紋は千葉氏と新渡戸家長男にだけ受け継がれてる家紋だそうです。
a-n3_20080911143846.jpg調度町並みと八甲田山連邦が見れる位置に太素塚を造られたそうです。
今は建物が並び八甲田山連邦見えなくなりましたが。
鳥居に見えるのは、敷地内に御神体等も無いので あくまで鳥居に似せたアートで
十勝沖地震で壊れて作り直し更に銅版葺にされたようです。
a-n4_20080911144339.jpg太素塚の文字当初は、建立者の意思により大素塚
と建立し亡き後に点を付け足していただき 今の 太素塚になったそうです。
今回解説してして頂いた現館長代理の新渡戸翁さんの直系の方です。
音楽評論家もされているようでその雰囲気ぷんぷん。。

a-n5.jpg稲生川は火薬も使わず敷石のような道具で全部手で掘り続けた。

館内は撮影禁止で写真は有りませんが
新渡戸氏が奈良、京都を模した五番目状のまち造りに勤しまれた地図に 日記等現存
新渡戸氏と名乗る前は千葉氏で 甲冑等も展示されてます。
二階は、旧5000円紙幣のモデル稲造氏コーナー 本物製造No.A000001B展示され
高名な方の稲造氏レプリカあります。
稲造氏の同級生に東大に日本一脳が思いとされて標本が有る方一緒だったとか
かなり勉強されていたのが伺えるものばかりでした。

一階コーナーで館長さんが撮られた十和田が展示されてます。

解説もわかりやすくてあっという間に一時間半の時間が過ぎてしまいました。
解説なしだと知らずにいたことも知れて本当に良かった。

次の予定もあるので一度お開き。。

さて、中休み一時間ちょっとで次の称徳館集合。さて朝来る時所用時間大体把握したので
十和田市民のほんづさん紹介していた ぱぱむ~ちょがすぐそばだっので
a-p1.jpga-p2.jpga-p3.jpg
小物遣いに 接客よし。なにより海老とグリーン豆のペンネにサラダが美味しかったランチタイムは飲み物付き
a-p4.jpg最後に フランスパンに海老とお豆さんはさめてパクパク至福

続きは、長くなったので次回に。。




一昨日から快晴日和。本日三日目は洗濯曜日。
青春18切符が9/10までで一回分残ってたため使用して青森の西海岸に。。
次の日はなかなか天気の具合で実行できなかったことして再開した
少し秋風吹くもののあちかったのもあり今日少しロボット歩き中。。
午前中長く揺れる地震があり怖いと言ってたら、
長く生きてる婆なにこれしきと腰が座ってた。
というより地震さえ気がついてなかったんです。
震度3だったんですけど。。

靄のグダリ沼あっぷしました
my roomのバナーポチッとしてね見てね

myroom2.gif


スポンサーサイト
この記事のURL | 歴史有るもの | CM(8) | ▲ top
<<十和田市歴史探訪 その弐 | メイン | 散策。>>
コメント
-秋祭り-
おはようございます。
地震、私気が付かなかった。震度3もあったんですね。

今週末、十和田秋まつりに行く予定なので、このサイト参考にぶらついて見ようかなと思ってます!
2008/09/12 05:23  | URL | シン #AZcBcAlM[ 編集] |  ▲ top

-まあ うれしい-
十和田市の記事と写真ですね。
うれしいな~

結婚してすぐの頃、この近くに住んでいたんですよ。
ここの杉木立は暑い夏には絶好の避暑地?でした。
乳母車(当時はベビーカーは無かった)に二人の子供を乗せてここにやってきて、涼しくなる夕方まで過ごしたものです。

館長さんは写真がお上手なんですよ~
お人柄も温かくてすばらしい方です。
そのご子息(副館長)も多方面に才能をお持ちで、活躍されています。

新渡戸記念館、わたしもこのところ訪ねていないので、久しぶりに足を向けてみようかな~

その二も待ってるはんでの。
2008/09/12 10:22  | URL | 銀の小鈴 #yntLk7kg[ 編集] |  ▲ top

-シンさん。。-
こんにちは(^^♪

十和田にいかれるなら、ここでも館長さんの写真展もあるけど
美術館で和田光弘さんの写真展も無料公開13日からありますよ。
思い出しつつ書いてたので、一枚写真追加しますね。。

あっ、14日は三内丸山で縄文お月見コンサートもありますよ。。
2008/09/12 11:14  | URL | らーま #-[ 編集] |  ▲ top

-銀の小鈴さん。。-
こんにちは(^^♪

この日は息子さんの解説でしたよ。
口では冷酷なおやじがほのぼのした写真撮るんですよね。。とおっしゃってましたよ(^^ゞ
息子さんも地元紙に連載に十和田のカルチャー講座主催といろいろされてるようですね。。

館長さんの写真展いつまでか忘れたけど
郷土館とコラボで剥製も一緒に見れますので
時間有る時に是非。。
2008/09/12 11:18  | URL | らーま #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんにちは
県内でもじっくり探訪できると有意義ですよね。私はいまれ故郷のことをほとんど知らないのではないかと思います^_^;

地震がありましたよね。オバァ様が気がつかれない位の地震でよかったです^^
2008/09/12 13:25  | URL | kashiwa #x1wV7B8k[ 編集] |  ▲ top

-kashiwaしゃん。。-
こんにちは(#^.^#)

もちろんうちも青森のことよく判ってません(T_T)
なかなか解説付きで施設見学できないですよね。
解説無しだと多分うち15分ほどでふむふむって出てきて
頭に入りません。。

婆さん。大きな地震のときものんきにしていたような。。うちが異常反応するからかしら。。。v-19
2008/09/12 13:56  | URL | らーま #-[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは-
大素塚が太素塚になったのは初めて知りました。
十和田は今日から秋祭り。
運行時間の直前まで降っていた雨が奇跡的に止みました。
2008/09/12 14:47  | URL | ほんづ #NupwctrQ[ 編集] |  ▲ top

-ほんづさん。。-
こんにちは(^。^)

お祭り見てる最中かしら。。
三日間毎日見に行かれるのかしら。。
楽しんでくださいネェ。。

生前に塚はできていたのですが、死後点を掘るようにと
遺言だったようです。。
2008/09/13 15:11  | URL | らーま #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。